津軽線で三厩へ乗車記1




鉄道コム


あけぼの号を青森駅で見ることができてよかったよかった
と満足してようやく本日の行程に入ります。
青森駅からは北に向かって進路を進めていきます。
青森駅で猛吹雪なので先行き心配ですが。


[スポンサードリンク]


DSC02676
乗車予定の列車は10:37発の蟹田行きです。

 

 

DSC02681
車両は701系です。
東北に来たらこの顔というくらい幅を利かせている形式です。
青森も例外なく配置されています。
しかし、3両編成というのが珍しいかなと思います。
津軽線は基本的に3両編成が用いられるみたいですね。
本数が少ないので両数でカバーするとかそういう意味なんでしょうか。

 

 

DSC02682
10:37発なのですが青森出発の時点で遅れ発生です。
青い森鉄道から来る先行貨物列車が遅れているため蟹田行きの出発も
遅れるということでした。
出発案内は次の列車を出していますが、蟹田行きはまだ出ていません。

 

 

DSC02684 DSC02685
10:45に出発。
奥羽本線と別れて津軽線に入り青森車両センターの横を通過。
急行はまなすの14系客車やあけぼの用の24系客車などが留置されています。

 

 

DSC02686
そして隅っこには明らかにおかしな車両も。
211系の疎開留置はそこらじゅうで行われていますね。
一昔なら209系もこんな感じで留置されていたのでしょう。
そして一番奥には651系が留置されていました。
4両の付属の方です。

 

 

津軽線を北上するのですが天気が良くなったり吹雪いたりを繰り返して
先行きが不安になります。
といってもそこは雪国、多少の吹雪では影響がほとんどないようです。

 

 

津軽線は旅客もそうですが貨物輸送も盛んに行われている路線。
遅れはあっても運休することはめったに無いようです。
それだけが唯一の救いでした。
遅れてもいいので先に進んでもらえれば。

 

 

DSC02687DSC02689
蟹田に到着。
蟹田からは乗り換えです。
もちろん三厩行きです。
遅れの回復はせず8分遅れで蟹田に到着しましたが三厩行きは接続待を
していたため乗継できました。
ただでさえ本数が少ないので接続することはわかっていましたが。


[スポンサードリンク]


 

 

津軽線は三厩方面へ入ったことがないので初乗車の乗りつぶしになります。
全線制覇を目指している以上は、当然訪れることになる場所ですが
このような大雪の中での訪問になるとは思っていませんでした。
サブ的なイベントだったので飛ばすことも考えていましたが
行けそうだったので行くことにしました。

 

 

DSC02690
三厩行きに乗って最初の停車駅は中小国。
中小国は海峡線との接続駅ですがすべての列車が通過するため
津軽線の列車しか停車しません。
この駅から北海道方面へ行く場合は蟹田に出てから乗り換える必要がありません。
妙な駅です。

 

 

DSC02692
大平駅付近では北海道新幹線の高架橋が完成間近の状態でした。
こういうの見るともうすぐと感じますね。
予定では2015年度なので2年後でしょうけど。

 

 

DSC02694 DSC02717
中小国、大平駅と経て津軽二股に着きます。
津軽二股という駅もなかなかおもしろい駅で、すぐ近くにJR北海道の津軽今別の
駅が存在します。
ほぼ同一の駅として扱ってよいでしょう。
津軽二股の駅を通らないと出られない構造みたいです。

 

 

現在は質素な駅ですが北海道新幹線開業時にはみどりの窓口など設置された
立派な駅になるのかなと思います。
そうなったときに津軽二股駅がどうなるかですね。

 

 

JR2社が隣接して駅を所有しているケースは東京駅・品川駅・米原駅など例は
ありますが駅名が異なるのはここだけでしょうね。

 

 

WS000000
隣接しているなら分岐をここに作ればいいのではと思ったのですが
線形を見るとクネクネしているので新幹線を通すことは無理でしょう。
そこまで見越して中小国で分岐させる計画となりこのような駅が共存する
事例となったように思えます。

 

 

ちなみに、
DSC02695
津軽線を三厩方面に行くと今別駅があります。
津軽今別という駅名は今別町が請願してできた駅みたいです。
そういう事情があって津軽二股は津軽今別に変更しなかったのかもしれません。
奥津軽に改称する場合は統一してもいいかもしれませんが。

 

 

DSC02697
無事三厩に到着しました。

 

 

→2014年03月07日の全行程はこちらへ



[スポンサードリンク]




鉄道コム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です