接続悪連発!長野駅から名古屋まで戻る(塩尻で安曇野葉わさびそば食べて)




鉄道コム


長野駅で時間つぶし

懸念していた飯山線を突破して長野駅についたのはいいのですが、
長野から先の接続が最悪だったりします。
飯山線の到着時間が16:09着ですが、篠ノ井線松本方面は
16:05発で僅差で接続しません。


[スポンサードリンク]


 

さらに、毎時1本程度なので1時間以上の空き時間が。
飯山線が遅れた場合は回復しやすくていいのですが、
定刻運転されると長野で待ち時間が長いのです。

IMG_1300
待ち時間を利用してホームを巡回。
反対ホームには長野色のしなの鉄道直通がいました。
幕は真っ赤です。
保安装置の関係でしなの鉄道所有の車両が信越本線へ
直通できずJRから貸し出されていたことによるものです。

IMG_1302

ホーム巡回しても同じような車両がほとんどなので
一旦改札を出ることにします。
周辺の携帯ショップを探して待ち時間を利用して充電します。

IMG_1304

12月24日クリスマスイヴなので駅前は賑わっていました。
そんなこと気にせず一人旅を楽しむ人ここに一名。

 

約1年ぶりに長野駅に降り立ちました。
前回来たのは2010年09月です。
ちょうど信州デスティネーションの前でした。

IMG_1303
日が暮れると冷え込みます。
寒さ対策として長野駅構内の立ち食いでそばを食べることに。
長野は戸隠という有名な蕎麦名所があります。
しかし、立ち食いは立ち食いです。

 

ここですごいやりとりがありました。
隣にいた客が突然『そば湯』とオーダーをはじめました。
立ち食いでそば湯なんか聞いたことないぞ…。
そしたら立ち食い屋のおばちゃん『そば湯ね~』と。


[スポンサードリンク]


 

普通に受け答えるとおばちゃんもスゲー!
そのあと湯のみにゆで汁を入れて出されていました。
長野の立ち食いはそば湯がでるみたいです。

 

その人はかけそば食べてたのでそば湯ともなにか違うような。
一応頼めば出るみたいです。
長野駅訪問のときはぜひお試しください。

長野駅→塩尻駅(信越本線・篠ノ井線)

IMG_1305
1時間の待ち時間を経て甲府行きで塩尻へ出ます。
篠ノ井線といえば姨捨駅でしょう。
姨捨駅から見る善光寺平の夜景はなかなかのものです。

 

カップルと思わしき客が数組降りていったので地元では
有名スポットのようです。
12月24日クリスマスイブ。
ロマンチックは夜をお楽しみください。

IMG_1307
塩尻で下車します。
ここで待ち時間を利用してまた立ち食い。
安曇野葉わさびそばという珍しいのがあったので食してみます。
これは新しいと思いました。
塩尻駅で乗り換え時間があったらぜひお試しください。

↑次に訪れた時も寄っています。

塩尻駅→上松駅(中央本線)

さて、塩尻から先の接続もないんですよ。
甲府行きの到着が18:53で、中津川行きの出発が18:42。
次の列車は上松行きで中津川行きは2時間後。
これに乗ったら中津川から先がありません。
ということで

IMG_1308
しなの24号に乗ります。
このしなの24号は上松停車という数少ない列車です。
この列車に乗れば塩尻18:42発に上松で接続するという
ありがたダイヤになっています。

 

ちなみに
この編成先頭がA202となっています。
しなの24号は基本的に6両編成なのでインチキ編成です。

 

増結用の4両と2両で作った編成です。
これまで24号は2回乗っていますが2回ともこれです。
この列車は4+2が所定なんでしょうか?

 

基本編成が予備なしなので検査があると必ずこの編成が
入ることになります。
24号は専用スジなのかもしれません。
※翌年も24号見ましたが普通の編成でした。

上松駅→名古屋駅(中央本線)

IMG_1309

上松で普通列車に乗り換えです。
313系1300番台でした。
殆どの列車が1300番台に置き換えられているようです。
4両編成だったのでツーマンでした。
一昔は313系3000番台でボックス席でしたが
転換クロスシートにグレードアップしています。

 

中津川で乗り換え。
この先は名古屋まで出て帰宅。
突発でしたがなんとか全行程回せました。

→2011年08月24日の全行程はこちらへ



[スポンサードリンク]




鉄道コム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です