飯山線を越えて長野方面へ抜ける




鉄道コム


昼休憩が終わったので、移動を再開したいと思います。
この先の予定は上越線を越後川口方面へ向かい
飯山線で長野へ抜けるという行程です。
飯山線がネックだったりします。
豪雪地帯を通過するため定刻通り進めるかどうか。


[スポンサードリンク]


IMG_1285 IMG_1287 IMG_1286
雪による運休等を心配しながらも長岡から越後湯沢行きに
乗ることにします。
長岡駅では運休情報は入っていなかったので安心しています。
この先何が起こるかはわかりませんが。

 

 

座席を確保することができなかったので前面展望を
楽しみながら越後川口を目指します。
それにしても雪深い中を走ります。
太平洋側ではなかなか見ない景色です。

 

 

IMG_1291

IMG_1294

IMG_1290
越後川口までは定刻通り運行しました。
問題の飯山線に乗り換えます。
天気がよかったので運休になる気配はありませんでした。
とはいえ天気が変わりやすい場所であるから油断は禁物。


[スポンサードリンク]


 

 

越後川口で席の大半は埋まっていました。
明らかに旅行者風の人ばかりだったので、
地域輸送ではなく乗りつぶしが大半でしょう。
長岡から同一行程の人がほとんどでした。

 

 

ここからさきは地域輸送の事情を紹介します。
十日町までは乗客の移動はなく十日町から学生が乗車してきました。
十日町周辺は地域輸送が多いようです。
鉄道本数が少ない地域は自動車がメインになりがちです。
そうなると免許が持てない学生が輸送の中心となります。
学生が多いのはどこも一緒です。

 

 

十日町駅は北越急行との接続駅になります。
運休を危惧した場合はここから直江津方面へ抜ける方法も
用意していましたが特に何もなかったので乗り通します。

 

 

混雑した車内も県境前の足滝駅では落ち着きを取り戻し、
越後川口の顔ぶれに戻っていました。
やはり皆乗り通しです。
越後シリーズもここまででここから先は信濃シリーズになります。
県境を越えていきます。

 

 

IMG_1299
終点戸狩野沢温泉で乗り換えとなります。
豪雪地域ということで積雪量も高めです。
戸狩野沢温泉から先は2両編成になります。
長野方面からは戸狩野沢温泉まで本数がありますので
アクセスが良く利用者が多いみたいです。
始発ですが結構混雑しました。

 

 

IMG_1298
駅舎はこんな感じ。

 

 

IMG_1301
長野行きに乗り定刻通り長野に到着。
運休を危惧したのですが特に何もなく長野まで抜けれました。

 

 

→2011年08月24日の全行程はこちらへ



[スポンサードリンク]




鉄道コム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です