現存最後のブルートレイン北斗星?青い定義はない曖昧列車


あかつき レガートシート


鉄道コム


ブルートレインあけぼのの廃止が決定して数日ですがニュースで北斗星廃止というものがありました。
北海道新幹線が開業する2015年度(2016年3月)を目処に全廃するとのことです。
こうして半世紀に渡る歴史に幕が閉じることになります。
とはいえ、トワイライトエクスプレスは残存するとのことです。
24系客車の老朽化が理由ならトワイライトエクスプレスも深刻な問題だと思いますが。


[スポンサードリンク]


→「ブルートレイン」全面廃止へ 「あけぼの」来春「北斗星」も

今回はあけぼのはブルートレインかどうかという話です。
ブルートレインの定義は曖昧なところがあってなにを持ってブルートレインというのか微妙になりつつあります。

ブルートレインの定義ですがいろいろあるみたいです。
ウィキペディアには『20系・14系・24系寝台車で編成された、「定期列車」かつ「寝台列車(寝台特急・寝台急行など)」』とあります。
よって、臨時のトワイライトエクスプレスは含まれないみたいです。
さらに札幌~青森を結ぶ定期急行はまなすは座席車中心なので定義から外れるそうです。
実は車体が青いという縛りがないのです。


[スポンサードリンク]


元々は『青い寝台特急』だったはずですがそれだけでは包括できなくなった経緯もあるでしょう。
寝台車で括れば『あかつき』『なは』というのも晩年は定義に当てはまりまらなくなってきます。
『レガートシート』という座席車を連結していたからです。
『レガートシート』は高速バスへの対抗策として用意されたもので寝台ではなく座席車です。

あかつき レガートシート

さらにレガートシートは奇抜な塗装で青より白の割合が大きいです。
『あかつき』『なは』がブルートレインに含まれるかと言ったら含まれるでしょう。

『あけぼの』もゴロンとシートという座席車を連結しています。
寝台設備はそのままに、寝間着やシーツなどを廃止して普通車指定席料金で販売する区画です。
ここは指定席なので寝台に含まれません。

現在は臨時運行に格下げされている『日本海』ですが、日本海は臨時なのでブルートレインに含まれないかといったら含まれるでしょう。
定期運行から臨時に格下げされたものは含まずという附則が付くでしょうけど。

最終的に座席車がなく寝台車のみで構成される定期列車に当てはまるのは北斗星だけでしょう。



[スポンサードリンク]




鉄道コム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です