B1グランプリ 豊川アクセス方法検証!名鉄




鉄道コム


B1グランプリ 豊川が平成25年11月9日(土)、11月10日(日)の2日間にわたって開催されます。
両日とも開催時間は9:30~15:30となっています。


[スポンサードリンク]


当日は道路渋滞や駐車場確保が困難など予想されますので時間に正確な公共交通手段でのアクセスが便利です。
名鉄VSJRということで名古屋~豊川でどのように行くのが良いかを検証してみます。
今回は名鉄(名古屋鉄道)の行き方です。

名鉄(名古屋鉄道)

名鉄使って豊川稲荷へ行く方法です。

名鉄名古屋~豊川稲荷の運賃は片道1080円、往復は2160円です。
B1グランプリ 豊川開催期間に限り有効な割引きっぷがあります。
→B-1グランプリ専用クーポン引換券付割引きっぷ
こちらを利用すると運賃が2割引きになり1000円分のお買い物券が付きます。
片道あたり870円になります。

 

アクセス方法

[deco_bg image=”postit1″ width=”400″]

IMG_5565

DSC00918


名古屋 08:18発快速特急豊橋行き乗車
国 府 09:00着乗換
国 府 09:03発 準急 豊川稲荷行き乗車
豊川稲荷09:20着
所要時間:1時間02分


名古屋 08:29発 急行 豊川稲荷行き乗車
豊川稲荷09:50着
所要時間:1時間21分


名古屋 08:33発 特急 豊橋行き乗車
国 府 09:18着乗換
国 府 09:23発 普通 豊川稲荷行き乗車
豊川稲荷09:40着
所要時間:1時間07分


名古屋 08:43発 急行 豊橋行き乗車
国 府 09:38乗換
国 府 09:43発 普通 豊川稲荷行き乗車
豊川稲荷10:00着
所要時間:1時間17分


名古屋 08:48発快速特急豊橋行き乗車
国 府 09:30着乗換
国 府 09:33発 準急 豊川稲荷行き乗車
豊川稲荷09:50着
所要時間:1時間02分

[/deco_bg]

10:00までに豊川稲荷駅に到着できるパターンを5つ用意しました。
11月9日(土)、11月10日(日)の2日間は豊川線の増発が行われるので10分間隔の運行になります。
快速特急の一部が国府駅にも停車します。

 

①名古屋 08:18発快速特急豊橋行き乗車に乗車した場合は開始時間09:30にほぼ間に合うでしょう。
一番混雑する列車かと思います。

 

②名古屋駅から豊川稲荷駅まで乗り換えなしで行くことができるパターンです。
名鉄本線では特急や快速特急が混雑しやすいので座ってゆっくり行く方法です。
ただし、当日は込み合う可能性があります。

 

③のパターンは途中で②のパターンを追い越します
②の到着時間が09:50に対して③は09:40です。
国府駅で乗り換えしたくないという場合を除けば、②よりも③を優先したほうが良いです。


[スポンサードリンク]


 

④のパターンは⑤のパターンに追い越されるので除外してもよいです。
特急や快速特急の停車市内駅の人向けに用意されているものなので名古屋駅出発の人にはあまり意味がありません。
特急、快速特急は混雑が予想されますので混雑回避という使い方くらいでしょう。

 

⑤は①と同じパターンになります。
国府駅で②のパターンに追いつきますので到着時間が09:50と同じになっています。
⑤は①の30分後です。
名古屋 10:48発快速特急豊橋行きまではプラス30分しながら①~④の繰り返しです。

 

 

名古屋駅を出発する場合、①か③のパターンを利用することになります。
①と③は15分間隔ですから1時間あたり4つの行き方があるということになります。
混雑を避けたいという人は②と④を選択する方法もあります。
②を選択すれば乗り換えが必要ありません。

 

①と③を利用する場合のアドバイスです。
特急や快速特急には特別車というものが連結されています。
特別車は座席指定で確実に座っていくことができます。
1人350円追加することで利用できますので便利です。

 

あらかじめ特別車両券ミューチケットを購入してください。
車内で購入した場合は座席の指定ができません。
当日は満席になる可能性があるので早めの確保をオススメします。
名鉄の駅窓口なら購入できます。

 

ちなみに
特急、快速特急は乗車券のみで乗車できる一般車も連結されています。
編成は
特別車+特別車+一般車+一般車+一般車+一般車
の6両となっています(特急の増結はない予定)
乗車券だけの場合は前から3~6両目に乗りましょう。



[スポンサードリンク]




鉄道コム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です