B1グランプリ 豊川アクセス方法検証!JR




鉄道コム


B1グランプリ 豊川が平成25年11月9日(土)、11月10日(日)の2日間にわたって開催されます。
両日とも開催時間は9:30~15:30となっています。
当日は道路渋滞や駐車場確保が困難など予想されますので時間に正確な公共交通手段が便利です。


[スポンサードリンク]


名鉄VSJRということで名古屋~豊川でどのように行くのが良いかを検証してみます。
今回はJR(JR東海)の行き方です。

JR(JR東海)

JRを使って豊川へ行くこともできます。
名古屋~豊川の運賃は片道1450円、往復は2900円です
ただし、お得な乗車券があります。

 

『豊橋往復きっぷ』です。
名古屋と豊橋をお得に往復するための乗車券です。

 

→詳細はこちら
※情報削除済み

 

名前こそ豊橋往復きっぷですが豊川駅も行くことができます。
出発駅は名古屋駅に限られておらず名古屋市内の駅であればどこでも有効です。
名古屋市内のJR駅が最寄りであればそこから乗車することができます。

 

ちなみに発売額は休日1500円です。
豊川まで片道1450円ですから、帰りは50円ですw
片道運賃で往復できます。

 

アクセス方法

11月9日、10日は臨時列車が設定されます。

[deco_bg image=”postit1″ width=”400″]

DSC02340


名古屋07:58発新快速 豊橋行き乗車
豊 橋08:55着乗換
豊 橋09:00発 臨時 豊川行き乗車
豊 川09:10着
所要時間:1時間12分


名古屋08:13発特別快速浜松行き乗車
豊 橋09:08着乗換
豊 橋09:19発 臨時 豊川行き乗車
豊 川09:28着
所要時間:1時間15分


名古屋08:28発新快速 浜松行き乗車
豊 橋09:24着乗換
豊 橋09:38発 普通 豊川行き乗車
豊 川09:53着
所要時間:1時間25分

[/deco_bg]

10:00までに豊川駅に到着できるパターンを3つ用意しました。
出発時間を早くすればもう少しパターンはありますが、名鉄では08:18発が最初なので早すぎると比較になりませんの07:58を最初にしました。
名鉄に比べると行き方は限られてきます。
また、一度豊橋に出た後に豊川へ向かうため所要時間もかかってきます。

 

しかし

 

豊橋往復きっぷにはある特典があります!
プラス380円(往復なら760円)で新幹線自由席に乗車することができます。
名古屋~豊橋は新幹線がありますから380円払うことで新幹線で移動ができ所要時間短縮ができます。
以下に新幹線を利用した場合のパターンを用意しました。

 

[deco_bg image=”postit1″ width=”400″]

DSC00110


名古屋08:00発新幹線こだま634号東京行き
豊 橋08:28着乗り換え
豊 橋08:49発 臨時 豊川行き乗車
豊 川08:59着
所要時間:59分


名古屋08:28発新幹線こだま636号東京行き
豊 橋08:57着乗り換え
豊 橋09:08発 普通 豊川行き乗車
豊 川09:22着
所要時間:54分


名古屋09:00発新幹線こだま638号東京行き
豊 橋09:28着乗り換え
豊 橋09:38発 普通 豊川行き乗車
豊 川09:53着
所要時間:53分


[スポンサードリンク]


[/deco_bg]

所要時間は1時間以内に収まってしまいます。
豊橋駅での乗り換えに10分ほどかかるかと思いますが、それでも名鉄より早いです。
豊橋駅はひかり号が一部停車しますが指定席が中心で混雑しますのでオススメしません。

 

こだま号はほとんどが自由席で着席できないことはないと思います。
リスクとしては乗り過ごしたらどんどん東京方面へ行ってしますことでしょうか。
朝が早いですから寝過ごしに注意です!

 

豊橋往復きっぷのは購入時に新幹線利用かどうか聞かれます。
その場で新幹線用を購入してしまうのも手です。
しかし、往復新幹線を使わないといけないということはありません。
行きは新幹線、帰りは在来線ということもできますので申し出てください。

 

行き在来線、帰り新幹線という場合は豊橋駅の新幹線乗り場の改札で
『新幹線変更券』と言うと380円で販売してくれます。
10月に豊川稲荷に行きましたとき、行きは在来線、帰りは新幹線をやりました。



[スポンサードリンク]




鉄道コム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です