B-1グランプリ第8回豊川大会開催地へ【番外編】




鉄道コム


当初の予定では豊橋で豊鉄でも乗ろうかと考えていたのですが、豊橋往復きっぷは豊川までが範囲となっているので飯田線に乗ることもできます。
豊川はB-1グランプリ第8回豊川大会の会場でもありますから、なにげにパワースポットになっているんですよね。
特に予定がなかったので豊川へ出ることにしました。


[スポンサードリンク]


DSC02350
豊橋からは313系3000番台です。
飯田線といえば119系でしたが、あっという間に置き換わっていきました。
現在は神領所属だった213系5000番台と313系3000番台を大垣へ転属させて運用に入れています。
313系3000番台は120km/h運転に対応しているので快速列車に連結して大垣への送り込みなどをしています。
213系5000番台は回送列車として大垣~豊橋を行き来しているようです。

この列車は豊川行きです。
豊川行きは船町と下地にも停車します。
豊橋~平井信号場は名鉄名古屋本線との共用区間で1時間に快速特急2本、特急2本、急行2本、飯田線普通3~4本の9~10本が運行される過密区間です。
臨時列車や特急伊那路も運行されるのでそれ以上の時間もあります。
運行上の問題からか半数がこの2駅を通過します。

飯田線では普通列車の特別通過が高頻度で行われています。
営業中の駅で普通列車が一番通過するのはこの駅2駅でないかと思います。
南海本線の今宮戎とか萩ノ茶屋はホームがないので除外。
一昔は椋岡という普通列車の3/4が通過する駅があった。

DSC02351
豊川に到着です。


[スポンサードリンク]


DSC02355 DSC02352 DSC02353 DSC02354
B-1グランプリ第8回豊川大会の開催が近いということで各地の幟がありました。
豊川には商売繁盛の豊川稲荷があり休日は賑わっていますが、B-1グランプリ第8回豊川大会が近いということもあって特に盛り上がっている感じがしますね。
開催は2013年11月9日と11月10日、豊川が、熱いなり。

→2013年10月12日の全行程はこちらへ



[スポンサードリンク]




鉄道コム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です