ムーンライトながらに乗るには名鉄で豊橋へ


名鉄 豊橋 ムーンライトながら


鉄道コム


2013年8月19日です。
今季メインイベントになります。
予定ではムーンライトながらにのりますので、乗車駅まで向かうことにします。


[スポンサードリンク]


DSC01909
さて、私は名古屋鉄道の某駅が最寄り駅です。
ムーンライトながらが臨時列車になってから、名古屋を出て日付変更後最初に停車する駅が豊橋になりました。
名古屋→豊橋をJRを使った場合は1280円必要になります。
名古屋駅まで行く運賃も必要になります。

名鉄経由の場合は1080円とJRより安い運賃設定になっています。
金券ショップで株主優待券を購入できればさらに安く豊橋まで行くことができます。
名古屋→豊橋なら回数券のバラ売りが一番安いのですが、私の最寄り駅は都合の良い回数券のバラ売りがないので株主優待券が重宝されます。

名鉄 豊橋 ムーンライトながら
名古屋駅から最終豊橋行き特急に乗車します。
名古屋駅発が22:43と豊橋行き最終はJRより圧倒的に早いです。

最終豊橋行きで豊橋駅に着きました。
最終で豊橋駅に来るというのははじめてです。
DSC01911
旅行カバンを持った人が多く下車しました。
ムーンライトながら乗車組でしょう。


[スポンサードリンク]


DSC01912
列車到着後は回送列車にかわりました。
さすがに豊橋留置はないですよね。

DSC01913
発車案内には翌日の始発列車が表示されていました。
5:53発はかつて金山折り返し中部国際空港行き列車番号1です。
現在の列車番号1はミュースカイですが、空港線開業以前は本線特急が主要であり列車番号1は本線特急でした。
現在は63列車となっています。

6:13発が岩倉と変な表示を出しています。
この列車は岐阜行きです。
豊橋発の列車で岩倉行きは存在しません。
ある意味奇跡的な表示と言えます。
係の人がカメラで撮影していたので表示に不具合が出ていたものと思われます。

DSC01914
35分待ちなので一旦改札を出ます。

DSC01915
改札外では待ち人がたくさんいます。
ほとんどが18きっぷユーザーでしょう。
もちろん0時を過ぎないと8月20日の日付を入れてもらえないのでこうして0時をすぎるのをひたすら待ちます。

→2013年08月20日の全行程はこちらへ



[スポンサードリンク]




鉄道コム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です