コロプラ東急スタンプラリー東横線サスティナ現る(青春18きっぷ2013夏)




鉄道コム


新丸子での撮影を終えて各停で武蔵小杉へ向かいます。
武蔵小杉駅は『武蔵小杉東急スクエア』の最寄り駅なのでスタンプ位置登録駅になります。
武蔵小杉駅はドーム状になっているため一度下車して位置登録。
無事スタンプ取得ができたことを確認して先へ進みます。


[スポンサードリンク]


 

武蔵小杉からは目黒線系統の急行で日吉へ行きます。
日吉もスタンプ駅。
『虚球自像(こきゅうじぞう)』という銀の玉があります。
これがスタンプらしいです。

 

武蔵小杉から目黒線に乗車すると線路は地上に降ります。
日吉まで目黒線系統が乗り入れており全区間複々線ですが武蔵小杉~元住吉は上下複々線となっています。
複々線で高架化するのが用地問題で困難であったことと、元住吉電車区への入出庫のための地上線が必要だったことからだと考えられます。

 

東横線が地上だった頃はこの路線を走行していたようですが、現在は高架化された方を走行し地上線は目黒線系統が使用しています。

前回東横線に乗車したときは東横特急で上を通過したので今度は下を通過してみます。

 

急行は元住吉を通過するので次の停車駅は日吉です。
日吉が終点となるのでここで下車します。
『虚球自像(こきゅうじぞう)』のスタンプを取得して次へ向かいます。

 

日吉に各駅停車が入線してきました。
東急5050系で極普通の車両だったので見送ることにしましたが…
なにやらおかしなものが連結されていたので後追いします。

 

後続の急行に乗車すると菊名で先行各駅停車に接続するということで菊名での乗り換えをします。


[スポンサードリンク]


DSC02137

菊名で下車して探してみれば、やはり変なのが連結されていました。

DSC02138
東急車輛あらため総合車両製作所が次世代ステンレス車として開発を進めているサスティナです。
溶接技術を改良して外観をフラットな感じにした車両です。
上の比較画像で窓まわりなど雨樋、帯のまわりなどあらゆる凹凸が解消されていることがわかると思います。

 

現在は1両だけの試作車ですが、今後のスタンダードになるかもしれません。
東急電鉄との共同開発ということで東急のスタンダードになることが予想されますが、総合車両製作所はJR東日本の参加なのでE233系などもサスティナ技術が用いられるかもしれません。

 

サスティナ車に乗車して横浜駅を目指します。

DSC02139

横浜駅で下車します。
これにて東急は終了です。
今回の乗車で世田谷線を除いてすべて乗車することができました。
今年3月に初乗車してから半年で殆どの路線に乗車することができました。
東急完乗も近いです。

横浜駅でサスティナ車を見送りました。
やはり1両だけおかしなものが混ざっていて違和感がありますね。

横浜駅もスタンプ駅です。
『東横フラワー緑道』がスタンプ位置となります。
『東横フラワー緑道』は東白楽から先が地下化されて、跡地を道路にしたものです。
ということで範囲が広い。
横浜駅でも取得ができます。
これで東急コロプラスタンプラリーも終了です。



[スポンサードリンク]




鉄道コム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です