コロプラ東急スタンプラリー田園都市線こどもの国線




鉄道コム


コロプラ東急スタンプラリー最初に乗る路線は田園都市線です。
田園都市線で中央林間方面を目指します。


[スポンサードリンク]


DSC02084

最初に乗車するのは東京メトロ8000系です。
元祖半蔵門線ですね。
東京の地下鉄と言ったら基本この顔ですよ。
個人的にはあまり好きではないのですが。

急行中央林間行きです。
田園都市線は半蔵門線と一体運用されているためほぼすべての列車が直通運転を行っています。
二子玉川までが地下線となっており急行列車は地下線内も通過運転を行います。

『電車とバスの博物館』がスタンプ取得位置になります。
『電車とバスの博物館』の最寄り駅は宮崎台なのですが、宮崎台は急行停車駅ではありません。
よって、急行停車駅である溝の口から駅数を数えてタイミングを図るしかありません。
いきなり難易度が高いです。

『電車とバスの博物館』のスタンプは無事取得できました。
急行列車でそのまま長津田へ行きます。

次なるスタンプ取得位置は『たまプラーザテラス』。
たまプラーザは急行停車駅なので難易度は低いです。
もちろん駅で取得できます。

次なるスタンプ取得位置は『こどもの国』。
こどもの国線に乗り換えます。

DSC02085
このもの国線は東急電鉄が運行を行い横浜高速鉄道が車両と地上設備を保有する上下分離方式を採用しているため運賃が別建てとなっています。
別運賃なので『東急こどもの国線』ではなく『横浜高速鉄道こどもの国線』のほうが分かりやすいです。
東急ワンデーオープンチケットの対象範囲であるため乗れます。

DSC02086
車両は横浜高速鉄道Y000系。
東急3000系ベースの車両ではありますが、ドア数があ3箇所という違いがあります。
2両編成を基本として運行します。
ホームに降り立った時にちょうど長津田行きの列車が到着しました。
『こどもの国』への輸送がメインだと思っていたので朝ラッシュは空いているだろうと思いました。
しかし、ものすごい数の人が降りてきました。
通勤通学需要が大きいということがわかりました。

長津田駅には『こどもの国線』用の改札がありません。
運賃は150円固定なので恩田駅、こどもの国駅で下車するときに精算するようになっているようです。
逆に乗車するときは乗車駅で150円の乗車券を購入します。
名鉄築港線や和田岬線のようなスタイルです。
ただ、長津田の改札が省略されているというのは意外ですね。


[スポンサードリンク]


DSC02088
こどもの国駅です。
ここで位置登録をして『こどもの国』スタンプは無事取得できました。
用事はそれだけなので戻ります。

DSC02089
車内の様子。
通勤通学客で賑わっています。
デヤ7200が長津田工場に留置されていました。
切り妻側改造の顔を見るのははじめてです。

DSC02091
長津田に戻ってきました。
長津田からは中央林間方面へ向かいます。
ラッシュ方向と逆なので空いています。
向かいには横浜線が走っているのですが、横浜方面は激しい混雑です。

DSC02092
東武50050系でした。
ロゴマークではなく社章を表示している編成でした。

DSC02093
中央林間に到着です。
田園都市線は全線乗車したことになります。
すぐに折り返しの列車で折返します。

『グランベリーモール』スタンプ取得位置ですが、取得に失敗したので南町田で下車します。
下車して位置登録をしてスタンプは無事取得できました。
後続列車で戻ります。

DSC02095
長津田で準急押上行きに接続したので乗り換えます。
ついに来ました東急8500系。
赤帯巻いている編成は珍しいようです。
ここからが勝負です。
朝の田園都市線は凄いですね。
旅行カバンを持って乗車するものではありません。
溝の口まで乗車しました。

→2013年08月22日の全行程はこちらへ



[スポンサードリンク]




鉄道コム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です